2017年9月10日 (日)開催

【EBM実践講座(4回シリーズ)】Systematic review(SR)を飼いならす ~GRADEシステムの理解とSRの読み方、活かし方~

受付終了

目の前に患者に対して最善の薬学的ケアを提供したいと、薬剤師であれば誰もが思うだろう。では最善の薬学的ケアとはなんだろう。明確な答えを導き出すことは容易ではないが、その答えへのアプローチとしてEvidence Based Medicine (EBM)の実践が挙げられる。

EBMが世に現れてから20年以上が経過し、医療現場においてEBMという言葉はすでに身近なものとなった。現在、日々多くのエビデンスが報告されており、薬物治療のエビデンスとして質が高いとされているRandomized Controlled Trial(RCT)は年間20,000件を超える研究報告がPubMed (http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed) に新規登録されている。このような状況において、もはや単一の研究(RCT)のみから薬物治療を評価し臨床判断をすることは好ましいと言えなくなった。複数の研究を統合し、その結果を総合的に評価することが必要である。

Systematic review(SR)はあるテーマについて明確にまとめられたreview(総説)であると共に、特定の問題や疑問に関する研究を網羅的に収集しその時点における結果をまとめる研究手法のことでもある。

本講座では既存のSRを題材にsummary table 等の読み方など、演習を通じてSRを活用するスキルを修得する。そして診療ガイドラインやSR作成の標準ツールであるGRADE systemについて解説すると共にその理解を深める。講座を通じてSRがどのようなものなのかを理解し、日常業務のエビデンスとしてSRを活用できるようになることを目標とする。

 

【全4回開催】

開催日:2017年9月10日(日)、10月29日(日)

       2018年1月14日(日)、3月11日(日)

時間:14時~17時

※4回全て参加できることを条件とします

認定単位シール:1回2単位(4回8単位)

講座詳細内容

講師名
東京北医療センター 総合診療科 南郷 栄秀 先生
横浜市立脳卒中・神経脊椎センター 薬剤部 五十嵐 俊 先生
東京薬科大学 薬学部 情報教育研究センター 倉田 香織 先生
開催日時
2017年9月10日 (日)14:00~17:00
講座名
【EBM実践講座(4回シリーズ)】Systematic review(SR)を飼いならす ~GRADEシステムの理解とSRの読み方、活かし方~
認定単位
2単位
場所
薬樹株式会社 青山オフィス内
開催場所所在地
東京都港区赤坂8-5-26住友不動産青山ビル 西館4階
参加費
20,000円/4回  ※初回に参加費4回分の20,000円をお支払いいただきます。
申込期限
2017年8月31日 (木)18:00まで

※定員になり次第、募集終了となりますのでご了承ください

主催
一般社団法人ソーシャルユニバーシティ 薬剤師生涯学習センター
備考
※認定単位シールは規定時間を受講された方への発行が定められております。
    30分以上の遅刻、途中退出の場合はシールを発行できませんので、予めご了承ください。

受付終了