2017年10月15日 (日)開催

薬剤師に求められるプライマリ・ケア 〜薬物療法の副作用把握、OTC医薬品の選択〜

受付終了

近年、患者の状況に、より的確に対応することを目的として、医師と多種多様な医療スタッフの専門性を前提としたチーム医療の提供が推奨されている。厚労省は医療スタッフが現行制度の下で実施可能な業務を具体的に示し(医政発0430第1号)、中でも薬剤師の業務として①処方提案、②薬物療法に伴う副作用把握、③インフォームドコンセントの実施等が上げられている。特に②には薬剤師によるプライマリ・ケアとして、臨床推論(病歴聴取、フィジカルアセスメント)の実施が前提となる。

またセルフメディケーションの推進を目的として、OTC医薬品(要指導医薬品および一般用医薬品)の製造・販売がおこなわれている。その際、薬剤師のプライマリ・ケアとして、医療機関受診前の様々な症状を持つ来局者に対して臨床推論を適切に実施し、① 受診勧奨、② OTC薬選択の指導、③ 生活指導等の情報提供を行うことが、セルフメディケーションの支援として薬剤師に期待される。

講座詳細内容

講師名
東京医科大学 総合診療科教授 葦沢 龍人先生
開催日時
2017年10月15日 (日)10:00~13:00
講座名
薬剤師に求められるプライマリ・ケア 〜薬物療法の副作用把握、OTC医薬品の選択〜
認定単位
2単位
場所
薬樹株式会社 青山オフィス内
開催場所所在地
東京都港区赤坂8-5-26住友不動産青山ビル 西館4階
参加費
2,000円/人
申込期限
2017年10月13日 (金)まで

※定員になり次第、募集終了となりますのでご了承ください

主催
薬剤師生涯学習センター
備考
※学生及び学校関係者の方は、受付時に身分証明書をご提示いただきますと無料にて受講可能です。ぜひご参加下さい。認定単位シールが必要な場合は有料(2,000円)となります。
    ※認定単位シールは規定時間を受講された方への発行が定められております。 30分以上の遅刻、途中退出の場合はシールを発行できませんので、予めご了承ください。

受付終了