研修認定薬剤師制度の概要

認定薬剤師研修機関とは

 認定薬剤師研修機関とは、薬剤師認定制度認証機構(第三者評価機関)から認証された機関のことで、単位認定シールを発行することができ、認定薬剤師を認定することができます。各機関の単位認定シールや認定申請は相互に互換性がありますが、機関ごとに規定が異なりますので、詳細は各機関にお問い合わせください。
 他のプロバイダー単位等の受け入れ条件の一覧表(簡潔版)が認定薬剤師制度認証機構のホームページにリンクされていますので、ご参照ください。
 これまでに薬剤師認定制度認証機構から認証された機関(平成28年12月現在)
G01 日本薬剤師研修センター
G02 東邦大学薬学部
G03 薬剤師あゆみの会
G04 慶応義塾大学薬学部
G05 イオンハピコム人材総合研修機構
G06 明治薬科大学
P01 医薬品ライフタイムマネジメントセンター
G07 神戸薬科大学
G08 石川県薬剤師会
G09 新潟薬科大学
G10 北海道薬科大学
G11 星薬科大学
G12 昭薬同窓会・平成塾
G13 薬学ゼミナール生涯学習センター
P02 日本プライマリ・ケア連合学会
G14 北海道医療大学
G15 埼玉県病院薬剤師会生涯学習センター
G16 日本女性薬剤師会
G17 日本大学薬学部
P03 日本在宅薬学会
P04 日本病院薬剤師会
G19 昭和大学薬学部
G18 薬局共創未来人材育成機構 薬剤師生涯学習センター
G20 ソーシャルユニバーシティ 薬剤師生涯学習センター 

CPC認証による認定薬剤師研修制度

 一般社団法人ソーシャルユニーバーシティ 薬剤師生涯学習センターは、公益社団法人薬剤師認定制度認証機構(CPC)より、平成28年12月16日付で、「認定薬剤師研修制度」の実施機関(プロバイダー)として認証を受けました。平成29年4月に本格開講し、月に約2回の研修プログラムを提供して、受講者に対して認定薬剤師研修単位(単位シール)を発給します。所要の単位取得者(他の研修機関の単位合算も可)には、一般社団法人ソーシャルユニバーシティ 薬剤師生涯学習センターの「認定薬剤師証」を発行します。

薬剤師生涯研修認定制度 実施要領

1.認定対象の研修

 認定の対象となる研修は、次の通りとし、3つの内容を満たすものでなければならない。

(1)集合研修
集合研修は、生涯学習センターが主催または共催する研修とする
(2)e-ラーニング(オンデマンド配信)研修
e-ラーニング研修は、スキルアップ講座の録画を一定期間内に視聴し、既定の報告書を提出する
(3)実習研修
実習研修は、生涯学習センターが予め実習研修依頼先の承諾を得た施設で行う研修とする。
(4)自己研修
自己研修は、自宅等において実施細則で定める教材を用いて行い、かつ、「受講単位請求書」の提出による研修とする。
(5)論文執筆
所定の学会誌や学術雑誌などに論文を執筆すること。
(6)学会発表
所定の学会で口演またはポスターで発表すること。

2.研修の内容

 研修の内容は、薬剤師倫理、基礎薬学、医療薬学、衛生薬学及び薬事関連法・制度及びそれらに係る実習、その他薬剤師業務を遂行するために必要なものとする。

3.研修の単位基準

(1)集合研修
90分を1単位とし、1日4単位を上限とする。ただし、学会等で複数日にわたって行われる研修については、2日6単位、3日間9単位を上限とする。なお、研修会の講師には、参加単位のほかに1単位を付加する。
(2)e-ラーニング(オンデマンド配信)研修
90分(1コマ)につき1単位、1日上限2単位、年間上限は総単位の半数までとする。
(3)実習研修
実習研修の単位基準は、120分につき1単位とする。
ただし、本制度以外の特定の資格取得を目的とする受講者のみを対象とる実習研修については、単位を交付しない。
(4)自己研修
自己研修の単位基準は、240分につき1単位とする。なお、研修時間の積算を認める。
(5)論文執筆
筆頭著者は5単位、共著者は2単位とする。
(6)学会発表
発表者は2単位、共同発表者は1単位とする。

4.研修認定薬剤師の認定及び更新

  • 研修認定薬剤師として最初の認定に必要な単位は40単位とし、最初の認定を受けるための研修期間は、最初に単位を取得した日より起算して4年間以内とする。ただし、毎年5単位以上取得すること。
  • 前項の認定は3年毎にその更新を受けなければ、この期間の経過によってその効力を失う。
  • 更新の認定に必要な単位は、3年毎に30単位以上を取得しなければならない。ただし、毎年5単位以上取得すること(後(5)項の延長期間は除く)。
  • 単位認定の期限
    実習研修および自己研修については、最初の単位を取得した日または更新を受けた日より換算して各々年間5単位を認定の上限とする。ただし、この取得単位が実習研修、自己研修の各々年間5単位の認定の上限を超えた場合は、他の実習研修単位、自己研修単位は累積単位として認めない。
    同一研修会の重複受講による単位取得は、累積単位として認めない。
  • 前(1)及び(2)項の期間内において、特別な事由(実施細則で定める)により所定の単位を取得することができない者にあっては、期間の延長(実施細則で定める)を認める。
  • 他プロバイダーの単位の取扱い
     他の生涯研修プロバイダーが発行する生涯研修単位(シール)も有効とするが、新規は40単位中20単位以上、更新は30単位中15単位以上を当生涯学習センターが主催、共催する事業で取得する。

5.研修認定薬剤師の取り消し

(1)以下のアからウに該当する者は、その認定を取り消す。
ア 日本国の薬剤師資格を失った者
イ 不正な方法で認定証を受けたことが判明した者
ウ 薬剤師としての名誉を著しく汚す行為があると認められた者
(2)認定を取り消そうとするときは、あらかじめ、当該者にその旨を通知し、その求めがあったときは、その者の意見を聴く機会を設けるものとする。
研修認定薬剤師の取り消しは、評価認定審査委員会に諮った上で決定する。

6.研修の記録及び単位取得証明

(1)研修手帳
研修の記録は、生涯学習センターの発行する「薬剤師研修手帳」(以下「研修手帳」という)に「認定単位シール」を貼付する。なお、「研修手帳」は有償とし、原則として認定毎に新しい「研修手帳」を使用するものとする。
(2)単位取得の証明
研修認定を受けようとする者の単位取得の証明は、前項の「受講シール」を貼付した「研修手帳」により行う。

7.研修認定薬剤師の認定手続

  • 「4の(1)」の要件を満たした者は、生涯学習センターに対し、「研修認定薬剤師新規申請書」(実施細則で定める)に「6の(1)の「研修手帳」を添えて提出することとし、「11」の手数料を納めるものとする。

     認定の日付は原則として申請書内の「2.申請日」とし、次回の更新(3ヶ年)はこの日から起算する。なお、申請日以前に取得した単位は次回更新の単位には充当できない。

  • 生涯学習センターは、「研修認定薬剤師申請書」の内容を審査のうえ、研修認定薬剤師として認定された者については「研修認定薬剤師名簿」に記載し、「研修認定薬剤師証」を交付する。

8.研修認定薬剤師の更新手続

  • 「4の(3)」の要件を満たした者は、生涯学習センターに対し、「研修認定薬剤師新規申請書」(実施細則で定める)に「6の(1)の「研修手帳」を添えて提出することとし、「11」の手数料を納めるものとする。
  • 生涯学習センターは、「研修認定薬剤師申請書」の内容を審査のうえ、「研修認定薬剤師証」を交付する。

9.研修認定薬剤師証の再交付手続

  • 生涯学習センターは、研修認定薬剤師が「研修認定薬剤師証」を破り、汚し、または失った場合、あるいは氏名の変更があった場合、再交付することができるものとする。
  • 前項の申請を行う場合は、生涯学習センターに対し、「研修認定薬剤師証再交付申請書」(実施細則で定める)を提出し、「11」に定める手数料を納めるものとする。
  • 生涯学習センターは、提出された「研修認定薬剤師証再交付申請書」に基づき再交付する。

10.研修記録の証明

「研修手帳」の紛失により研修記録が不明になった場合、当該記録の証明は原則として行わない。ただし、当該記録を証明できるものがある場合はこの限りではない。

11.手数料

(1)認定等の手数料は次のとおりとする。
ア 認定の手数料は、10,000円
イ 更新の手数料は、10,000円
ウ 再交付手数料は、3,000円
(2)手数料は、生涯学習センターに納入するものとし、その方法は実施細則で定める。