薬剤師の方へ(認定薬剤師について)

認定薬剤師になるには

研修認定薬剤師の認定基準

(社)ソーシャルユニバーシティ薬剤師生涯学習センター(以下「生涯学習センター」という)では、下記要件を満たすことで、「研修認定薬剤師」として認定する。

新規認定条件
  1. 生涯学習センター主催の研修を受け、生涯研修認定単位(シール)を取得する。認定に必要な単位数は以下の通りとする。
    新規認定:4年以内に40単位以上、毎年5単位以上の取得が必須
    新規で認定を受ける際の起算日は、初めて研修を受講し単位を取得した日とする。
    なお、最初の認定は、1年以内でも40単位以上を取得していれば、認定を受けることができることとする。
更新認定条件
  1. 更新は、3年毎に30単位以上の取得(毎年5単位以上の取得が必須)により、更新することができる。なお、最低各年5単位の取得ができなかった場合は更新できず、また新規申請としての取扱いとする。
他の研修期間(プロバイダー)の単位の取り扱いについて
  1. 薬剤師認定制度認証機構が認証した生涯研修プロバイダーが発行する生涯研修認定単位(シール)も有効とするが、新規は40単位中20単位以上、継続は30単位中15単位以上を「薬剤師生涯学習センター」が主催、共催する事業で取得すること。
同一研修会受講の際の単位取り扱いについて
  1. 同一研修会の重複受講による単位取得は、累積単位として認めない。
研修の開催日・内容が不明の単位の取り扱いについて
  1. 受講シールがあったとしても、その研修の詳細が記入されていないとその研修の証明とはならないため、認定申請のための単位としては認めない。
特別な事由により所定単位の取得ができない場合の取り扱いについて
  1. 妊娠、出産、病気等で研修が続けられなかった場合、理由、期間、それを証明するもの(母子手帳の証明欄の写し、診断書等)を添付して送付すること。期間延長を認めた場合(最高1年間)、認定申請の際、申請書(様式1、2)にその旨をご記入のこと。

認定薬剤師証の申請手順

各種申請用紙

こちらのリンクより、ダウンロードしてご利用下さい。

新規認定の場合
  1. (様式1)認定薬剤師新規申請書

更新認定の場合
  1. (様式2)認定薬剤師証更新申請書

破損・紛失等、再交付の場合
  1. (様式3)認定薬剤師証再交付申請書

単位認定の場合
  1. (様式4)認定薬剤師単位申請書

学会発表認定の場合
  1. (様式5)認定薬剤師単位申請書(学会発表)

自己学習認定の場合
  1. (様式6)認定薬剤師単位申請書(自己学習)

手帳記録用紙

ソーシャルユニバーシティ薬剤師生涯学習センター 認定単位シール
  1. 認定シール単位識別コードの読み方

    認証番号:G20がソーシャルユニバーシティ薬剤師生涯学習センターの認証番号です。

    講座番号:A01は講座名を表します。Aは集合講座、Bはe-learning、Cは実習研修、Dは自己学習、Eは学会発表。Fは論文発表を表します。

    開催年月日:20170514は2017年5月14日を表します。

    単位数:1は1単位を表します。

よくあるご質問

Q:ソーシャルユニバーシティ 薬剤師生涯学習センターが発行する認定単位シールを、他の研修機関(日本薬剤師研修センターなど)が発行する手帳に貼ってもいいのでしょうか?
A:薬剤師認定制度認証機構で認証されている研修機関であれば、認定単位シールも全く同様にご使用いただけます。ただし、認定申請に当たってはそれぞれの研修機関の規定により、制限がありますので、各研修機関の規定をご参照ください。
Q:他の研修機関が発行する認定単位シールを、ソーシャルユニバーシティ薬剤師生涯学習センターが発行する手帳に貼ってもいいのでしょうか?
A:薬剤師認定制度認証機構で認証されている研修機関であれば、認定単位シールも全く同様にご使用いただけます。ただし、ソーシャルユニバーシティ薬剤師生涯学習センターの認定基準では、新規で20単位以上、更新で15単位以上はソーシャルユニバーシティ薬剤師生涯学習センターの認定単位シールを貼って頂くことで、認定申請または更新申請が認められます。
Q:他の研修機関が発行する手帳を、ソーシャルユニバーシティ薬剤師生涯学習センターへの認定薬剤師申請で使用することができますか?
A:ソーシャルユニバーシティ薬剤師生涯学習センターの発行した認定単位シールを新規20単位、更新15単位以上貼ってあれば、薬剤師認定制度認証機構から認証されたどの研修機関が発行した手帳でも認定申請を受け付けます。